演奏動画

 

アコースティックギターとエレキギターを使った演奏です。

画像をクリックするとYouTubeにつながり再生されます。

 

※撮影は、ZOOMの『Q3』というハンディービデオレコーダーを使用しています。ご希望があれば、このレコーダーでレッスンの重要項目を撮影します。動画はSDカードにメモリーされるので、レッスン終了後すぐにお渡しできます。お手持ちのパソコンの『Quick Time Player』か『Real Player』で再生することが可能です。 

   

☆トミー・エマニュエル 『WINDY AND WARM』

この曲も<トミー・エマニュエル>の演奏をコピーしてみました。

曲自体は、ジョン・ローダーミルクという方が作曲したようです。その後、ベンチャーズなど様々なアーティストによってカヴァーされました。

ただ、トミーの演奏は、自身が多大な影響を受けたミスター・ギター<チェット・アトキンス>の演奏に最もインスパイアされたのだと思います。トミーの演奏動画の中に、『ラジオから流れるチェット・アトキンスの演奏を聴いて、その後の人生が変わった』と言った後、この曲を演奏するものがあります。

トミーはライブでもこの曲をよく演奏します。ライブバージョンも凄くカッコイイのですが、アルバム『endless road』に収録されているバージョンは、驚異的にスゴイです。もう、全ての音がどうやって出しているのか分からない程、トミーにしか出せない音とグルーブ感です。

私の演奏は、このアルバムテイクと同じくギターのチューニングを半音下げています。ベース弦を叩くように弾いた時『ボン!』とカッコイイ音が出る上、弦のテンションが緩いので、とても弾き易いんです。

使用楽器は、<ヘッドウェイ>の『HYG-038』。弦は、楽器屋さんで一番安い無名メーカーのエクストラライトゲージです。それを半音下げているので、ユルユルですね。音は、アンプには通さず生です。

 

☆トミー・エマニュエル 『ANGELINA』

アコギの達人<トミー・エマニュエル>の曲です。トミーが自身の娘さんを思って作曲したようです。キレイなメロディーとそれに複雑に絡む伴奏、トミー独特のリズム感も加わり、完全にコピーするのはとても難しい曲だと思います(トミーの曲はどれも難しいです)。世界中のトミーファンがコピーに挑戦し、動画をアップしています。

私の演奏も音を出すのに精一杯で、メロディーが全然聞こえてきませんね。こういう曲は、トミーのように『歌うように』弾きたいものです。

使用楽器は、アストリアスという国産ギターメーカーのアコースティックギター『ソロスタンダードC』です。アンプには通さず、生の音で演奏しています。

 

☆イングヴェイ・マルムスティーン 『COMING BACH』

超絶速弾きエレキギターリスト<イングヴェイ・マルムスティーン>の曲です。イングヴェイのギターはただ速いだけではなく、クラシックのテイストを取り入れ、とてもメロディアスです。そのキレイなメロディーを超高速で弾きまくります。とても私には真似できません。

この『COMING BACH』は、バッハのリュート(昔の弦楽器)組曲『ブーレ』をイングヴェイがエレキギターでアレンジしたもののようです。超絶速弾きギターソロの合間の小曲といった感じで弾いていました。

私が『COMING BACH』をコピーしたのは高校生の時です。何故か自宅に譜面があって、誰が弾いているのかも知らずに練習していました。もちろん、映像も音も見聞きしていなかったので、自分なりに適当に練習した結果、何故か6弦を左手親指で押さえる結果に。その癖は今でも直っていません。

イングヴェイのバンド<RISING FORCE>のアルバム『RISING FORCE』は、傑作です。興味のある方は是非聴いてみて下さい。

   

☆ブルース進行での伴奏とアドリブ

録画したアコースティックギターの伴奏をパソコンで再生しながら、エレキギターでアドリブ演奏しました。

『ブルース進行』とは、ロックやブルースやジャズでよく使われるコード進行です。ほとんどの場合12小節で一回りします。今回の演奏は、4小節の前奏と4回のブルース進行で構成されています。前奏と1回目のブルース進行は、<ストレイキャッツ>の『Drink That Bottle Down』のコピーです。その後の3回のブルース進行の時にアドリブをしています。う~ん、分かり難いですね。動画からブルース進行の雰囲気だけでも伝われば幸いです。

この動画のエレキギターのアドリブのほとんどが、シンプルなペンタトニックスケールという音階を使っています。レッスンで実技と理論を学べば、これぐらいのアドリブは意外とすぐに出来るようになると思います。

使用楽器はアコギが<ヘッドウェイ>の『HYG-038』。エレキが<スクワイア>の『1991年製ストラトキャスター』です。どちらも国産ギターメーカーで、3万円以下で買えるギターです。初めてのギターとしてお勧めできます。ちなみに、この2本が当教室での貸し出し用ギターとなります。

 

   

※演奏動画は、これからも随時更新していきたいと思います。

 

 

 講師

橋本真也

 

 

 

ミューズ音楽院卒業

ギター歴30年

バンド歴28年

 

静岡県富士宮市上井出の自宅でギター教室をやっています。ギターを持っていなくても、音楽の知識が無くても、『ギターが弾きたい!』と思ったら、気軽に初回無料レッスンに来てください。

楽しくレッスンしましょう!